2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.28 (Sun)

のだめカンタービレの音楽会

20080928nodame2.jpg 20080928nodame1.jpg
土日と、「のだめカンタービレの音楽会in秋の桃音祭」を聴きに、愛知県芸術文化劇場大ホールへ行ってきましたv
2006年10月に初めて聴きに行ってから、今回で4回目(7公演)目です。↓以下覚え。
  ①2006年10月19日(木) 美濃加茂公演会の日記へ
  ②2006年12月27日(水) 愛知芸術文化劇場大ホール 昼・夜の部の日記へ
  ③2006年8月30・31日(木・金) 愛知芸術文化劇場大ホールの日記へ


今回も、ものすっごい楽しいコンサトでしたvvv
超楽しかった。もりだくさんですごいなー。

今年頭に、パリ編のドラマスペシャルがOAされた後というのと、原作がクライマックスに突入してて、千秋がRuiとラヴェルのピアノ協奏曲共演したり、のだめがミルヒーとショパンのピアノ協奏曲をロンドンで共演することになったり(しかもその途中で休載に入ってる・・・orz)とか、かなりストーリーが進んでるのもあるからか、かなり内容の濃いプログラムだったと思います。
特に1日目。ラベルのピアコン全曲やってくれたのですが、バックに流れる映像が、コミックス最新刊21巻の絵もたくさん出てて感動。
こうやって、音楽聴きながら、マンガのコマを映されると、またマンガ読みたくなっちゃうよなー!(笑)

今回は、コンサート前に、海老原大作先生こと、大澤先生ののだめ音楽講座が開催されてまして、土曜日はそれも聞きに行って来ました。
入場無料。開始すこし前に入ったけど座れたんですが、始まってから後ろみたら、すごい立ち見になってました。
大学の先生ってカンジの方でしたー!(笑)思ったより若かった。 
かなりつっこんだ音楽理論に展開しつつ、それを自ら茶化しつつってカンジ。
思ったより楽しい時間でした。

これまた自分の覚えで、プログラムを以下に載せておきますv

【More・・・】

9月27日(土) のだめカンタービレのピアニストたち
 ◆のだめ(幼少期)
  ショパン:「12の練習曲 Op.10」より第4番 嬰ハ短調 Op.10-4
 ◆のだめ(音大生)
  ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調「悲愴」 Op.13より第2楽章
 ◆のだめと千秋
  モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448(375a)より第1楽章
 ◆のだめと千秋 
  ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18(2台ピアノ版)より
 ◆瀬川悠人 ~マラドーナピアノコンクール~
  ラヴェル:「夜のガスパール」よりスカルボ
 ◆タチヤーナ・ヴィシニョーワ(ターニャ)
  ショパン:ポロネーズ第6番 変イ長調 Op.53 「英雄ポロネーズ」
-休憩-
 ◆~桃音祭~
  ガーシュウィン(倉田典明編曲):ラプソディ・イン・ブルー
 ◆のだめ~音楽教室・回想~
  ドヴォルザーク:スラブ舞曲第10番 ホ短調 Op.72-2 “マズルカ”
 ◆のだめ~パリ・教会~
  モーツァルト:アヴェ・ヴェールム・コルプス K.618
 ◆千秋~パリ~
  J.S.バッハ:カンタータ第147番 「心と口と行いと生活もて」BWM147より
  コラール「主よ、人の望みの喜びよ(イエスの喜びは、我が喜び)」
 ◆のだめ(傷心時)
  グノー:歌劇「ファウスト」より バレエ音楽第5曲「トロイの娘たちの踊り」
 ◆リュカ・ボドリー
  ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 Op.90より第3楽章
 ◆千秋雅之
  ブラームス小品集 Op.118より
   第2曲 インテルメッツォ イ長調
   第3曲 バラードト短調
 ◆孫 Rui 
  ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調

9月28日(日) のだめカンタービレの指揮者たち ◆セヴァスチャーノ・ヴィエラ
  ドヴォルザーク:「チェコ組曲」より第2曲「ポルカ」
 ◆千秋
  ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op.92より第1楽章
 ◆フランツ・フォン・シュトレーゼマン(ミルヒー)
  チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」より「こんぺいとうの踊り」
 ◆フランツ・フォン・シュトレーゼマン(ミルヒー)
  プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」第2組曲より
  “モンターギュ家とキャピュレット家”
 ◆フランツ・フォン・シュトレーゼマン(ミルヒー)
  ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18より第1楽章
 ◆千秋~プラティニ国際指揮者コンクール1次予選~
  ハイドン:交響曲集104番「ロンドン」より第1楽章
 ◆ジャン・ドナデュウ~プラティニ国際指揮者コンクール1次予選~
  ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲
-休憩-
 ◆千秋~プラティニ国際指揮者コンクール3次予選~
  ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
 ◆千秋~プラティニ国際指揮者コンクール本選~
  チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
アンコール
 ◆片平元~プラティニ国際指揮者コンクール1次予選~
  グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
スポンサーサイト
22:39  |  コンサ・舞台・音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。