2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.31 (Sat)

第17捕虜収容所

東京グローブ座へ、三宅健くん主演の舞台「第17捕虜収容所」を見に行ってきました。
再来週の、大阪公演千秋楽日に昼夜チケット取ったんですが、グローブ座で舞台を見るのが好きなので、1回くらい見たいなー、と思ってv
チケット余ってるのかな汗、定価で普通に譲ってもらえました。
1階G列中央あたりで、とても見やすかったです。
第17捕虜収容所

何も前知識、先入観を入れずに見ようと思い、舞台全体を見てきました。
上演時間が、休憩なしの2時間15分ということだけ調べて行ったのですが、うーん、途中眠くなっちゃうかな・・・?とか少し思っていたらば。
(実は、前の第32進海丸のとき、途中でウトウトしちゃってさ)

いやあ、もうあっという間でしたよ!
もうどんどんストーリーに引き込まれて行って、「え!?もう終わり!?」みたいな感じでした。
もう真剣に感動して(笑)、思わずアンケート用紙記入してきました。
アンケート書くスペースに、男性が多かったのが印象的でした。
「スパイは誰だ!?」という、スパイ探しのサスペンスちっくな内容なのですが、人間関係とかキャラクターとかがそれぞれすごい。
さすが、ブロードウェイミュージカルで、さらに映画化されてアカデミー主演男優賞を取っただけことはあります!

内容は、第2次世界大戦中に、ドイツ軍の捕虜になったアメリカ人が収容されている捕虜収容所の、ある1室のお話。
10人のアメリカ人(全員一般人の軍曹)が、誰かドイツ軍のスパイがいるぞ、って健ちゃんの役のセフトンを疑って、あれこれ起こるものです。

男優ばかり12人だけの舞台なのですが、役者さんがほとんど舞台役者さんで。
袴田吉彦さんと、斉藤洋介さんもすばらしかった。
健ちゃんもよかった・・・!
ワンシチュエーションで、捕虜10人はほぼ出ずっぱりなので、誰を見ていいのか迷います。
健ちゃんファンなので(笑)、彼を見ようと思うと、彼の演じるセフトンはみんなの輪から外れてることが多いので(汗)、どっち見よう!?ってなるのですよー。
だから、次回は他の人(=スパイ)に視点をあわせて見てみたいと思います。
何回も見る甲斐のある舞台だなあ、これ。

ラスト、ちょっと感動した。
あのあと、彼らがどういう末路を辿ってしまうのか、考えるとちょっと怖いんですが(戦争だしねえ。あのドイツ軍だしねえ。)、笑いありスリルありの舞台でした。
スポンサーサイト
22:59  |  コンサ・舞台・音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。